2018-02-18

細川俊夫 オペラ「松風」 @nntt

細川俊夫さんのオペラ「松風」をみに行く。ヨーロッパで、何回も上演されている作品らしい。細川さんの音楽、この前、メゾ・ソプラノとオーケストラのための「嘆き」 を聞いて、かなり気に入っていたので、楽しみだった。

オペラが始まる。劇場の明かりが極端にしぼられて、真っ暗になると、じょじょに舞台が薄く、浮かびあがって、海と風の効果音がながれ、劇がスタートした。

「松風」は、お能の超有名作品なので、ごく馴染みやすい展開をたどる。

そして、舞台で繰り広げられるのは、モダンダンス5割、音楽3.5割、効果音1.5割というシアターピース的な世界である。

ダンスの踊り手たちは、物語の語り手になって、舞台の情景や、登場人物の心の動きを、視覚的に表現してゆく。

細川さんの音楽は、やはり自然の響きを思わせる、なじみやすい音で、楽しく聴いていられました。

そして、松風(イルゼ・エーレンス)と村雨(シャルロッテ・ヘッレカント)の姉妹が、宙ずりにまでなって、ダンスをし、さらに、歌を歌うのには 、感心してしまう。

なんだか、ルパージュ演出のシルク・ドゥ・ソレイユでもみている感じ。(見当違いかな)

そして物語の山場、松風と村雨の亡霊が行平の魂と交歓する場面では、音楽は最高潮にもりあがって、なかなかにききごたえがありました。

旅の僧のグリゴリー・シュカルパさん、須磨の浦人の萩原 潤さんも、しっかりした声でよい感じです。

ただ、終幕 2人の魂が、浄化され昇天していく場面については、十分な、カタストロフを感じることはできませんでした。

何しろ、モダンダンス方面の感受性が殆どないこともあって、作品がジジイの鑑賞能力の限界をこえてしまったということのようです。

細川俊夫さんについては、もう一度、純粋音楽の方面で楽しませてもらいたいという感じでありました。


新国立劇場 開場20周年記念 2017/2018シーズン
オペラ「松風」/ (作 曲)細川俊夫  Matsukaze / HOSOKAWA Toshio
全1幕〈ドイツ語上演/字幕付〉 予定上演時間:約1時間30分(途中休憩なし)

公演日程 2018年2月18日(日)15:00 オペラパレス --16:30

スタッフ
指 揮 デヴィッド・ロバート・コールマン
演出・振付 サシャ・ヴァルツ
美 術 ピア・マイヤー=シュリーヴァー、塩田千春
衣 裳 クリスティーネ・ビルクレ
照 明マ ルティン・ハウクドラマツルグイルカ・ザイフェルト

キャスト
松風 イルゼ・エーレンス
村雨 シャルロッテ・ヘッレカント
旅の僧 グリゴリー・シュカルパ
須磨の浦人 萩原 潤
音楽補 富平恭平
ヴォーカル・アンサンブル 新国立劇場合唱団
管弦楽 東京交響楽団
ダンス サシャ・ヴァルツ&ゲスツ

2018-02-12

海南飯店 (カイナンハンテン)広東料理 @横浜市中区山下町 横浜中華街

タベログ通信207 My tabelog 3.4

我が家の横浜中華街の定番だった東林が、代替わりで営業形態を縮小、なんとなく、麺中心のお店になってしまったので、代わりを探す必要にせまられる。

まず、無化調ということを条件に探すと、
一楽、海南飯店、均元樓、翡翠楼、聘珍樓横濱本店、萬珍樓、大珍樓本店(注文時申出)牡丹園(不使用希望対応)ぐらいのようだ。

で、中華街大通り沿いはいやだけど、老舗で清蒸魚も得意という、海南飯店にいってみる。

二人なので、
千枚(牛の第三胃らしい)野菜炒め \1,575
さすが、無化調、さっぱり味でおいしい。ただ、千枚がどっさりで、野菜がもっと多いとさらに嬉しい。注文したら、やってくれるかしら。

豆腐とカキの煮込み \2,100
これも、なかなか。奥さん、大喜び。ただ、カキの質がもう少し良いと、いいんだが。

チャーハン \840
ぱらっぱら。いかにも、専門店のチャーハン

シュウマイ
肉っぽいが、ジュウシーではない

を注文。

私、生ビール*2、おくさん、杏露酒。

サービスのおばさんに、ここは、2人でも清蒸魚つくってくれるのかきくと、今日は魚がない、でも、かさご、とか、2人分にちょうど良い魚があると教えてくれた。そいつは、いいなぁ。喰いたかったら、予約が安全のようだ。

東林後継としては、まずは合格のようだ。ただ、こていなお店なので、(2階があるようだが)、家族郎党で宴会というには、ちょっと、苦しいかもしれない。


海南飯店 (カイナンハンテン)広東料理
045-681-6515
神奈川県横浜市中区山下町146
営業時間 11:00~22:00(LO)
無休
 ~¥999   ~¥999
カード可(JCB、AMEX、Diners)
席数 48席
個室
 http://kainan-hanten.sakura.ne.jp/



指揮=ユーリ・テミルカーノフ ピアノ=ニコライ・ルガンスキー チャイコフスキー:ピアノ協奏曲 第1番  ラフマニノフ:交響曲 第2番 読売日本交響楽団@横浜みなとみらいホール

テミルカーノフとルガンスキーがロシアものをやるというので、横浜みなとみらいへでかける。

コンチェルトは、あまり、まじで聴く気にはならない、チャイコフスキーだが、この二人なら、ドはまりで、気分よくなれそうである。

で、1曲目、チャイコフスキーのピアノ協奏曲 第1番。長身のルガンスキーが登場、いかにも、ロシア派の音で、ピアノを爽快に鳴らす。聴き映えがしますなぁ。

バックのテミルカーノフもばっちり。ロシアっぽく、表情が克明、明快で、素晴らしいサポートだ。読響もテミルカーノフの棒に合わせて、低弦ががっつり響き、気分をもりあげる。

あんまり、チャイコフスキーの第1番はきいたことがないので、経験値がないんだが、今までの生演奏では最高水準だった気がする。大満足。

ルガンスキーの演奏、ロシアっぽいが、情緒纏綿というより、もう少し近代的な情感があるので、もたれないのは、美点なんだと思う。

チャイコぽい、えぐみがもっと欲しいという人もいるかもしれない。わたしゃ、チャイコアレルギーなので、これで、十分ですが。

アンコールはラフマニノフの前奏曲 OP.32-12

休憩後、本日のメインディッシュ、ラフマニノフの交響曲 第2番。テミルカーノフ、楽想の隈取りが深くて、遠慮なく、ラフマニノフしてくれるので、嬉しくなる。ほんと、いい曲だぁ、とラフマニノフ・ジャンキーのわたくしはうっとり。

読響も、日下紗矢子さんがコンマス(特別客演コンサートマスターなんですって)を務めて、なかなか快調。ただ、3楽章のクラリネットが、テミルカーノフに合わせて、もっと、泣きをいれてくれると、さらに、うれしかったんだが。

でも、テミルカーノフも濃厚にロシアぽいんだが、粘りに粘るというより、どこか、さっぱりしているので、こんなところなんだろう。とはいえ、ラフマニノフにどっぷりできたので、満足、満足の演奏会でありました。



第101回みなとみらいホリデー名曲シリーズ
 
2018年2月12日(月・休) 14:00開演 開場時間13:30
会場:横浜みなとみらいホール  

指揮=ユーリ・テミルカーノフ
ピアノ=ニコライ・ルガンスキー
読売日本交響楽団

チャイコフスキー:ピアノ協奏曲 第1番 変ロ短調 作品23
ラフマニノフ:交響曲 第2番 ホ短調 作品27

2018-02-11

あり田  そば、うどん@厚木市岡田 閉店ですと

今日、長男がうちに来て、あり田閉店という驚愕情報を伝える。

まさかぁ! 先月29日にあり田にいったら、工務店が入っていて、休みみたいなので、改築でもするのかしら、などと、のんびり思っていたんだが。

早速、google様にお伺いを立てると、あり田閉店の情報があちこちにある。去年のクリスマスで、お仕舞だったとか。こりゃ、本当なんだ。

我が家全員、腰が抜ける。そんなあぁ。うちの、鉄板の定番お蕎麦やさんが、消滅だなんて、ショックが大きすぎます。

いったいこれから、どうやって、平和なそば喰いの余生をおくっていったらいいんだろう。

小田原、鮨 時よし閉店以来の、大災害です。alas!!「なだ そうそう」。

2018-02-10

指揮:パーヴォ・ヤルヴィ  マーラー/交響曲 第7番 N響@NHKホール

N響 定期、ヤルヴィのマーラー/交響曲 第7番にいく。

ヤルヴィのマーラーとは、あまり相性が良くないようなので、今回はどうなるか、と思ったが、とても満足のいく演奏だった、

近代的な響きが明瞭に聞こえてきて、楽想が次々に転換してゆくのが小気味よく描かれ、大変、面白い。
それぞれの楽章の性格づけも明快で、展開がすごくわかりやすい。それで、終楽章の大爆発、なんというか、戦闘モード全開で、迫力満点。これぞ、カタストローフという感じ、爽快ですらあった。

N響も今日はやる気を感じさせる演奏で、やれば、出来るんじゃない、という感じ、お見事でした。

ヤルヴィは第7番みたいな曲があっているみたい、よかった、よかった。



第1879回N響 定期公演 Aプログラム
2018年2月10日(土) 開場5:00pm 開演6:00pm
NHKホール
指揮:パーヴォ・ヤルヴィ
マーラー/交響曲 第7番 ホ短調「夜の歌」

2018-02-06

鮨一新 (イッシン) @台東区浅草 観音裏 その21

葛西臨海公園の水仙や水族園で時間調整のあと、本日のメインイベント、観音裏 鮨一新へ。

6時開店少し過ぎに、早々と入店。あれ、もう先客がお一人。その後しばらくして、外人さんのペア。(奥さん好奇心まるだしで色々英語で質問。尾潟さん難渋しながら奮闘しておりました。えらい)。後、7時過ぎに職場帰りの男3人組。火曜だからか、のんびりした雰囲気。

まづ、生ビール。その後、木綿屋*2

つまみ
ズワイみそあえ 
あんきも 冬を感じて、ほっこり、おいしい

うすづくり
かわはぎ きもつき 肝とでてくると、やっぱり、うれしい

茶碗蒸し エビ、ほたてほか あつあつ

さしみ
あかがい、あおやぎ、ほんみる 

今日は、ほんみる、あおやぎ、あかがいの順でたべてみた。わたしゃ、基本、貝っ喰いじゃないんだが、一新さんのは、ほんとうに、おいしい。新鮮なのに、きちんと、味わいがある。
以前、親方の橋本さんに、なんで、ここのは、こんなにおいしいの、温度管理と訊いてみたら、そんなに違います?、まあ、早いとこ、売っちゃうことかな、とあっさり。もう、いけずなお答えなんだから。江戸っ子なんで、四の五の言わんのね。
 
めじ かつを(鹿児島)
親方が、さくを切っているのをみて、それ、かつをときいてみる。めじです、似てますよね、と優しくフォローが。まあ、この程度の眼力なんで、と、わかりきった言い訳を。

そのあと、かつを登場。もうですか、というと、去年はだめだったけれど、今年はいいですよ、とのこと。確かに、(生)さっぱり、しっとり、美味しいやつだった。

焼物
たちうお ほんと、焼くと旨いさかなやなぁ

にしんのへしこ あぶり 
青森です、酒のあてにいいですよと、尾潟さん。ほんと、お酒の朋。一新さん、こういうの、さりげなく出すからね 

にぎり
こはだ 一新さん、かならず、まずは、こはだで、ご機嫌うかがい
しめさば
すみいか
かすご
かじき づけ 基本の古典ねた
まぐろ づけちゅとろ ちゅうとろですか、おおとろですかときいてくれる。じじいの定番ちゅうで
えびゆで はんぶんに切って出す
はまぐり つめ
あなご つめ 笹焼き風のタイプ

かんぴょう まきは尾潟さん

椀 あかだし しじみ

今日は、たまご、なしだそう。

一新さん、つまみから始めるので、滞空時間、ぎりぎり、2時間つかって、まったりしてしまう。はやく、仕舞って帰らなくちゃ。〆て、19000円とちょっと。今日も、ごちそうさま。

葛西臨海水族園 @江戸川区 葛西臨海公園

6時予定の観音うらまで、まだ、時間が大分あるので、葛西臨海水族園にいってみることにする。

入場料は高齢者割引ありで350円。極めて、ジジイニ優しい施設である。

入ってみると、なかなか、デザインっぽい施設で、澄んだ冬空に映えていた。展示を見ていると、昔来たことがあるのを思い出す。まあ、立派な施設だし、座る場所もあるので、平日の時間潰しにはよさげな場所だと思われる。