2017-12-12

指揮=コルネリウス・マイスター メゾ・ソプラノ=藤村 実穂子 マーラー:交響曲 第3番 読売日本交響楽団 @サントリーホール

今年最後のコンサートは読響、大好きなマーラーの交響曲 第3番である。なかなか気分がいい年の暮れということになるのかも。

コルネリウス・マイスターという指揮者はよう知らないが、ドイツの若手中堅らしい。

奥さん、プログラムを見て、今日は、藤村さんが歌うと教えてくれる。そいつはいいなぁ。
そのうえ、ほんまもんの少年の合唱団がでるという。先週、「ばら」で歌っていた子たちじゃないかしら、とか。へぇ、本当に、少年の合唱が歌うの、と、びっくり。こいつは、かなり、気合の入った公演なのかねぇ。

さて、どんな感じになるんだべと思っていたら、痩身の若々しい指揮者が登場する。

すると、出だしから なんだか随分ゆっくり感のあるテンポで、細部まで刻み込むように、噛んで含めるような指揮ぶり。流れのよさより、一つ一つの楽想を丁寧に丁寧に描きこむといった趣。まるで、アナリーゼでも聞いているよう(褒めてます)。

若いのに、こんな、テンポ感でじっくりとやるんだと、思いがけない演奏ぶりで、かなり、驚く。

基本、いそがないテンポの中で、ソットボーチェなところは、思いっきりソットボーチェに、軽快な部分は、軽快にと、曲想の性格に従って、小気味よく変化する。

こんな具合で、100分の長大な3番の全てを、たっぷり、たっぷり、味あわせてもらった気になりました。

藤村実穂子さんのアルトも流石の出来(美しい声)、日本で(海外でも)これ以上はそう望めないんじゃないでしょうか。

合唱も、やっぱり、少年の声と女声の対比がはっきりしていて、なるほど、こういう感じなんだと思ったし。

あと、第3楽章「遠い場所から」からのポストホルンは、サントリーホール正面席の扉の裏から流れてきて、かなた感を強調、いろいろ、こだわりを感じました。

読響も、普段聴くよりかなり好調で、指揮者のコルネリウス・マイスターさん、なかなか、統率力のあるひとみたいです。

正直、予想を大幅に上回る出来映え、今年最後の、コンサート、大大円のマーラー、交響曲第3番、終楽章をうっとりききながら、大満足。おいしい演奏会でありました。




読売日本交響楽団  第573回定期演奏会2017年12月12日(火) 19:00開演 
会場:サントリーホール

マーラー:交響曲 第3番 ニ短調

指揮=コルネリウス・マイスター
メゾ・ソプラノ=藤村 実穂子
女声合唱=新国立劇場合唱団(合唱指揮=三澤 洋史)
児童合唱=TOKYO FM少年合唱団、フレーベル少年合唱団




2017-12-09

鮨一新 (イッシン) @台東区浅草 観音裏 その20

オペラ見物のあとは、かなり間が空いてしまったので、年内にということで、奥さんと、観音裏一新へ。

土曜日だけれど、先客2組、後で、1組という感じでのんびり。忘年会シーズンではと、親方に言うと、うちは、そんな雰囲気は全然なくて、寂しいぐらいななどと、いつもの、口ぶり。そんな訳ないでしょうと、返す。

しらす
ずわいがに
真鱈のしらこ 温
ひらめのおつくり
あおやぎ、あかがい、みるがい (一新クオリティ?)

のりの佃煮

牡蠣 煮

こはだ
めじ 見た目、かつをと見間違う。ま、その程度の眼力ですのよ。親方、今年はかつをが駄目で、やめちゃいましたとのこと。めじ、脂がジジイむきで、好きですよ。喰えば、さすがに、わかるもんね。
かじき づけ
まぐろ づけ
おおとろ 喰うとやっぱりうまなぁ、冬だからいいよね、なんて、言い訳したりして

しゃこ 激うま。こんなの喰ったことない。一新では、珍しいよね、というと、生のいいのはほとんどないんで、普通入れないんだそう、ははあぁ。

えび ぼいる
さば しめ 
おいしい。でも、上品系ですね、というと、親方、東京湾のやつは、このくらいですよ、脂ぎってるには、別のところ、と、教えてくれる。そうなんだぁ、育ちが悪いんで、下品な奴も好きなんだけど、勉強になります、と、反省。

にはま
あなご

ひもの巻物

しじみのあかだし

追加で、
さびかん ハーフ
たまご つまみ

おなかいっぱい、しめて、38000円と少し。ごちそうさま。

ばらの騎士/リヒャルト・シュトラウス @NNTT

大好物、「ばらの騎士」をみに、NNTTへ。今年のオペラ仕舞いが「ばら」だなんて、なかなか素敵なめぐりあわせだ。

ジョナサン・ミラーの演出はもう4回目だが、今回は指揮がウルフ・シルマーさんなので、期待できそう。

で、一幕の前奏、オーガズムの高鳴りがあからさまに響いてきて、やっぱり、すげぇなぁ。上品優美系ではないけれど、リヒャルト・シュトラウスの音楽の劇的なニュアンスを、隈取のはっきりした表現で、克明に描きつくしていて、ほんと、ほれぼれ。

主要人物の、元帥夫人 リカルダ・メルベート、オックス男爵  ユルゲン・リン、オクタヴィアン  ステファニー・アタナソフ、ゾフィー  ゴルダ・シュルツも、それぞれきちんとしたもので、へこんだところがなく、安心して、きいていられる。

元帥夫人のリカルダ・メルベートさん、ブリュンヒルデを歌うひとらしい、堂々とした、マルシャリン(32歳未満や、25歳とかじゃない)、オックス男爵のユルゲン・リンさんも上手、オクタヴィアンのステファニー・アタナソフさん、2度目だけど、それなり、ゾフィー の ゴルダ・シュルツさん、幕切れの3重唱で、高音がきっちり伸びてきて、聴き映えがしました。

今回の演出、ジョナサン・ミラーの演出とはいうものの、再演演出が澤田康子さんということらしく、かなり、いろいろ、前回と違った味わいがあったように思います。コミカルな所作が明瞭な表現で、ある意味、シルマーさんの劇場的な音楽と、あっているような気がしました。

そして、最後の幕切れ、オクタヴィアンとゾフィーが、結婚式にむかうみたいに、手を高くあわせて、歩いて行く感じで、前回の手を取り合って、子犬がじゃれるみたいに走っていくのとは、全然違う風景でした。(今回は見映えはいいんですが、オクタヴィアンとゾフィーは犬っころというのが、ほんとらしいかも

あと、この頃感じるのは、「ばらの騎士」を見るたびに、どんどん、オックスが気に入ってくるということで、滑稽なのは大いに結構なんですが、落ちぶれても、貴族っていう風情が濃厚にあると(下種なところはそのまんまよ)、もっと嬉しいんだが、などと、思うんであります。

でも、やっぱり、「ばらの騎士」はええなぁと、極めて楽しい、時間でありました。 




新国立劇場 開場20周年記念 2017/2018シーズン
オペラ「ばらの騎士」/リヒャルト・シュトラウス
Der Rosenkavalier / Richard STRAUSS
全3幕〈ドイツ語上演/字幕付〉

オペラパレス 

指 揮  ウルフ・シルマー
演 出 ジョナサン・ミラー
美術・衣裳  イザベラ・バイウォーター
照 明  磯野 睦
再演演出  澤田康子
舞台監督  大澤 裕

元帥夫人 リカルダ・メルベート 
オックス男爵  ユルゲン・リン
オクタヴィアン  ステファニー・アタナソフ
ファーニナル  クレメンス・ウンターライナー
ゾフィー  ゴルダ・シュルツ
マリアンネ  増田のり子
ヴァルツァッキ  内山信吾
アンニーナ  加納悦子
警部長  谷川 顯
元帥夫人の執事  升島唯博
ファーニナル家の執事  秋谷直之
公証人  晴 雅彦
3人の孤児 前川 依子 小酒部 昌子 長澤 美希
料理屋の主人 加茂下 稔
テノール歌手  水口 聡
帽子屋  佐藤路子
動物商  青地英幸
合唱指揮  三澤洋史
合 唱  新国立劇場合唱団
児童合唱  TOKYO FM 少年合唱団

管弦楽  東京フィルハーモニー交響楽団

龍口酒家 本店 (ロンコウチュウチャ)中華料理 @渋谷区幡ケ谷 その2

この前行って、なかなかよさげだと思ったので、オペラの前の腹ごしらえは、龍口酒家 本店 にすることに。何しろ初台の隣駅、幡ヶ谷なんで、ぴったりじゃないですか。

12時半ころ到着。店の前に何人かならんでいて、人気ありそうでしたが、ほどなく、入店できました。

このまえ食べられなかった、里麺を喰いたいということで、

野菜具沢山、八宝湯スッポン身入りスープ 麺(マンゴープリンつき) 2300円×2
(正式名称失念)
と麺だけはものたりないかとチャーハン780円(杏仁豆腐、スープつき)
を注文。

結果、ポーション巨大で、食べきるの大変でつた。

八宝湯、いかにも、無化調の薬膳風、きっと、いいスープだぞ、と思ったが、量が多すぎて、単調になってしまうというのが正直なところ。まあ、これは、こちらの舌が下品すぎるということでしょう。

色気を出さず、この前みたいに、ランチのセットメニューが吉ということみたい。また、いろいろ、ためしてみましょう。


龍口酒家 本店 (ロンコウチュウチャ)中華料理、中華麺(その他)、飲茶・点心
050-5869-0597 予約可
東京都渋谷区幡ケ谷1-3-1 幡ヶ谷ゴールデンセンター B1F
京王新線 幡ヶ谷駅より 徒歩10秒 (駅から直結のビル内)
幡ケ谷駅から98m
営業時間 ランチ 11:30~14:15
ディナー 17:30~21:40(L.O)
定休日 月曜日
¥6,000~¥7,999   ~¥999
カード 不可
席数 63席
個室 有(8人可)10人まで可能です ※個室風
分煙
11:30~14:00 全面禁煙 他時間帯 全面喫煙可
駐車場
ビル内に立体駐車場あり
カウンター席あり
電話番号 03-5388-8178

2017-12-04

小森谷巧ほか ブラームス:スケルツォ(F. A. E. ソナタ) ピアノ三重奏曲 第2番 弦楽六重奏曲 第2番 @よみうり大手町ホール

9月のブラームス、弦楽六重奏曲 第1番に続く、第2番を聴きに、よみうり大手町ホールへ。内神田の七條でおいちい腹ごしらえに専念していたので、ぎりぎり、10分前に、入場。

前半
ピアノ三重奏曲 第2番、ピアノの須関 裕子さん、若やいだクリアな良い音だ。

後半
メイン・ディシュの弦楽六重奏曲 第2番。ほんと、チェロ奏者は気分良いだろう。遠藤 真理さん、女性らしい柔らかな表情。


ブラームスの室内楽って、素敵だよなぁ。

アンコールは1番も好きなんですということで
ブラームス:弦楽六重奏曲 第1番 第2楽章

全体として、ブラームスとしては、明るさを感じる演奏だったかな。でも、弦楽六重奏曲 第2番、青春していて、いい曲だぁ。


第16回読響アンサンブル・シリーズ

2017年12月 4日(月) 19:30開演
会場:よみうり大手町ホール
東京都千代田区大手町1-7-1
東京メトロ千代田線・半蔵門線
大手町駅 C3出口直結

《小森谷巧らによる室内楽》
ヴァイオリン=小森谷 巧(コンサートマスター)、小杉 芳之
ヴィオラ=柳瀬 省太(ソロ・ヴィオラ)、森口 恭子
チェロ=遠藤 真理(ソロ・チェロ)、渡部 玄一
ピアノ=須関 裕子

ブラームス:スケルツォ(F. A. E. ソナタ)
ブラームス:ピアノ三重奏曲 第2番 ハ長調 作品87
ブラームス:弦楽六重奏曲 第2番 ト長調 作品36


七條 (シチジョウ) 洋食 @千代田区内神田 その2

読売ホールで19時30分スタートの演奏会があるので、また、七條で夕食ができると、大喜び。6時開店ジャストに入店。

前菜
鴨とフォアグラのテリーヌ
真鱈の白子のムニエル(時間かかるそう)
メイン
和牛ほほ肉のハチミツと赤ワイン煮(おくさん)
和牛タンシチュー(わたし)

赤ワイン・グラス*2(タンニンがそれなりにあるので、これは何と訊くと、オーストラリア産のカベルネ・ソービニヨンだそう。へえ。)

白子のムニエルなんか、季節だなぁ。やっぱり、レベル高い。
ただ、タンシチューはとろとろというより、タンの素材感が残るもの。(ポーションは立派)。好み的には、とろとろ系かな。美味しいが。

〆て、11000円ほど。ごちそうさん。


七條 (シチジョウ) 洋食
03-5577-6184
予約可
東京都千代田区内神田1-15-7 AUSPICE内神田 1F

地下鉄新宿線「小川町」駅A6・B6番出口より徒歩5分
地下鉄千代田線「新御茶ノ水」駅B6番出口より徒歩4分
地下鉄丸ノ内線「淡路町」駅
JR東北本線「神田」駅西口より徒歩7分
営業時間 [月~土]11:30〜14:00(L.O) 18:00〜20:30(L.O)
定休日 日曜・祝日
¥4,000~¥4,999 ¥1,000~¥1,999
カード 可(JCB、AMEX、Diners)
席数 27席(カウンター5席、テーブル22席)
個室 有(8人可、10~20人可)
完全禁煙
http://www.res-shichijo.com/
備考
クレジットカードについては、ランチの使用は遠慮願いますの表示あり。
https://tabelog.com/imgview/original?id=r0999570611247
https://tabelog.com/imgview/original?id=r0994970611225
https://tabelog.com/imgview/original?id=r1004770611272
https://tabelog.com/imgview/original?id=r0999970611252
https://tabelog.com/imgview/original?id=r3988172080022
https://tabelog.com/imgview/original?id=r8890168427991

2017-11-29

iPhone 8 Plus へ機種変

GALAXY Note 3 SC-01Fを導入してから早4年。画面の大きさのみを重視して、(ジジイ
なんで、大きくないと字が読めないの)、憬れのapple=Jobs(亡きだが)を泣く泣くあきらめ、おばかなGalaxy(使いこなせないだけという説あり)に耐えながら過ごしてまいりましたが、この頃、なんだか、挙動不審が目立つような。

いよいよ、替え時ということで、いろいろ物色、Galaxy S8+(6.2インチ)、Galaxy Note8(6.3インチ)、麗しのiPhone 8 Plus(5.5インチ)に絞り込む。

現在大注目のiPhone X(5.85インチ)もあるけれど、ネット情報により、スクリーンがiPhone8 Plus(5.5インチ)に比べて、実際は2.6%小さいというので、落選。なにしろ値段が高いし、新機能に興味はない。

候補3機種の内、iPhone 8 Plus(5.5インチ)だけ、現行のGALAXY Note 3(5.7インチ)にくらべ、小さいが、実際見てみると、画面の横幅はほぼ同じ、高さは少し低いけれど、視認性に大きな違いはなさそうだった。

SAMSUNGの新型、Galaxy S8+(6.2インチ)とGalaxy Note8(6.3インチ)も、
スクリーンの横幅は、GALAXY Note 3より狭いぐらい、画面の縦が高いだけで、使い勝手としては良くなっていると思えません。やっぱりお値段も高いし。

ということで、少しだけ迷ったが、iPhone 8 Plus(もちろん、appleはホワイトよ)に決定。(ま、一番安いということね)

おうちに持ち帰り、起動、しこしこ、操作性の改善に取り組む。

dアカウント、Touch IDの設定で、などかは知らねど、ネットワーク暗証番号にロックがかっかていて、難渋したり、入力設定で、ローマ字入力・カナ変換(携帯用の日本語キー、「う」は、「あ」を3回プッシュとか、とても使えませんのよ)にかえるのに、大騒動だったりしたものの、なんとかクリアー。

待ち受けの壁紙に、季節の紅葉を導入して、めでたく、環境整備が終了。都合、2日間の道のりを要したのでした。

ま、ジジイなんで、こんなもんでしょう。

で、憧れのiPhone 8 Plusのapple=Jobs生活ですが、なんか、極めて快適なんだす。画面綺麗だしと、うっとり。(おそらく、いまのGALAXYだっておんなじとは思うんだが)

関係ありません。なにしろ、やっとたどり着いたiPhoneですもん。ニヤニヤ。