2017-03-14

ドニゼッティ ルチア @NNTT

ドニゼッティのルチアを見に,NNTTへ。

新国立では2度目のルチア公演、でも、新制作とか。

わたくしめ、ペラキチでは全然ないので、ドニゼッティとかのベルカント・オペラには、ほとんど興味がない。ロッシーニさえあれば、あとは、ヴェルディまで、聴く必要はないよなぁなどと、横柄に構えて、ルチアの実演は初めてだ。

演出は、ジャン=ルイ・グリンダさん、モンテカルロ歌劇場の総監督で、今回のルチアは、この歌劇場との共同制作ということらしい。

で、1幕の出だしから、海岸の断崖が、映像の海岸線と、水平線上の黒雲の流れの中にあらわれ、合唱が始まる。
もう、映画を見ているみたい。ハイテクであります。びっくら。

続いて、エンリーコのアルトゥール・ルチンスキー、登場。おお、ベルカントじゃ、ええ声やぁ。

次に泉の場に変わり、オルガ・ペレチャッコ=マリオッティさんのルチア、男装で登場。これは、ルチアの性格づけのうえで、すごく、意味があったみたいだ。気弱な女性が流されたあげく狂乱ということじゃぁないよ、ていうことのようです。
オルガ・ペレチャッコ=マリオッティさん、試運転のあと、徐々に調子を上げている。さいごがあるからなぁ。
で、 おまちかね、エドガルドの、イスマエル・ジョルディさん、登場。あま~いイタリア声のテノール、まさにベルカントであります。かっこいい二枚目だし。奥さん、ウットリ。主役級の男性陣、文句なしであります。

2幕。指揮の、ジャンパオロ・ビザンティさんも、引き続いて、すこぶる、快調にドライブ。合唱もイタオペ感満載で、盛り上がる。 幕切れの6重唱、すんばらしい。歌い手がそろっていると、こんなに、聴き映えがするんだ。ブラヴィ!ブラヴィ!ブラヴィ!(いつもご出演の妻屋さんも、やっぱり、うまい)

第3幕。いよいよ、狂乱の場。ルチアが、槍の頂きに新郎アルトゥーロの生首をさして登場。ゲゲゲェ~。オルガ・ペレチャッコ=マリオッティさん、真迫の歌唱。優しい乙女の心が折れるというより、自分の意志の力で、狂気を呼び込んだような、狂乱の場になっていた。ちょっと、普通と違う、切り口なんではと思われます。

しかし、ともあれ、声のそろったときのベルカント・オペラの面白さを、十分味あわせてくれたルチアでした。

ドニゼッティの音楽も、あと、もう少しで、ヴェルディという、さすがの出来ばえで、代表作だけのことはあります。

奥さん、ドニゼッティの音楽のほうが、美しい声を楽しむに丁度いい、ヴェルディやプッチーニみたいに、心が乱され過ぎなくて、安心、大好き、だそうです。なるほど。そんなものかしらねぇ。

というわけで、大満足の初「ルチア」実演見物となったのでありました。

P.S.
サシャ・レッケルトさんのグラスハーモニカ(ヴェロフォンという改良型らしい)が、狂乱の場に堂々登場。2011年3月19日のデセイのメト・ライブ・ビューイングでも使えなかったレア楽器(デセイ、アカペラでやっていた。スゴ)で、新国立、大健闘です。奥さん、コロラトゥーラとグラスハーモニカの2重奏って、ほんと、聴き映えがする、
やっぱり、グラスハーモニカがなくっちゃね、だそう。








オペラ「ルチア」/ガエターノ・ドニゼッティ
Lucia di Lammermoor / Gaetano DONIZETTI
全2部(3幕)〈イタリア語上演/字幕付〉
オペラパレス

【共同制作】モンテカルロ歌劇場

指 揮    ジャンパオロ・ビザンティ
演 出    ジャン=ルイ・グリンダ
美 術    リュディ・サブーンギ
衣 裳    ヨルゲ・ヤーラ
照 明    ローラン・カスタン
舞台監督    村田健輔

 (指揮)    ジャンパオロ・    ビザンティ
 (演出)    ジャン=ルイ・    グリンダ

キャスト
ルチア    オルガ・ペレチャッコ=マリオッティ
エドガルド    イスマエル・ジョルディ
エンリーコ    アルトゥール・ルチンスキー
ライモンド    妻屋秀和
アルトゥーロ    小原啓楼
アリーサ    小林由佳
ノルマンノ    菅野 敦

合唱指揮    三澤洋史
合 唱    新国立劇場合唱団
管弦楽    東京フィルハーモニー交響楽団
    【グラスハーモニカ】サシャ・レッケルト

0 件のコメント:

コメントを投稿