2016-05-09

鮨一新 (イッシン) @台東区浅草 観音裏 その14

奥さんが、実家にいっちゃったので、鮨一新にでかける。
浅草を歩いていると、通りに、ちょうちんがさがっていた。

そろそろ、三社祭なんだそう。今年は、サミットに警備がとられて、1週間早いんだとか。そりゃ、なんだかなぁ、神様怒っちゃうんじゃ、ていうと、親方も、変ですよねと、首を振っておりました。尾高さん、今年も、ちょっとだけ肩を入れたい(余計な補注。御輿にですヨ。)そうです。

生ビール×2 冷酒 木綿屋、菊姫

つまみ
ほたるいか

うすづくり  まごち(ぽん酢で)

みるがい、あかがい、あおやぎ  ここのかいは、ほんと、おいしいというと、親方、貝は鮮度命なんで、なかなか、たいへんですよ、とおっしゃる。
尾高さんに、一新はとりがいやらないのっていうと、やりますよ、でも、連休あけで、本調子じゃなくて、今日は、いいのなかったんでとのこと。

かつお しょうが醤油 親方に、前の春ここで、かつをくって、くせがぜんぜんなくって、びっくりしました、というと、かつを、いいのをみきわめるの、むずかしいです。で、このごろ、まかないに回すのは、かつをばかりですよとのこと。

このわた ばちこ

まふぐのしらこ 焼き  ふぐのしらこって、この時期にもあるんですね。富山で食べて、びっくりしました、というと、尾高さん、ふぐっていうと、イメージ冬ですが、まふぐはいまです、日本海のほうですね、と教えてくれた。うめぇ

にぎり
こはだ にまいにおろす 今日は、浅漬けです、とのこと。浅くても、濃くても好きです。こはだって、1年通して出さなきゃいけないから、大変ですね、というと、親方、安定したのを出すのはいろいろしないと、とか。

あじ だいぶんよくなってきました。とのこと。あじっておいしいさかなですよ、とおっしゃるので、ほんと、大好きですというと、みなさん、お好きですよ、ひかりものだめでも、たいていの人は、だいじょうぶですもの。とか。

すずき こぶじめですと

かじき づけ
まぐろ づけ
ちゅうとろ か 

えび ぼいる 

はまぐり
あなご

たまご どうします、と尾高さん。今日はにぎりにしてください、そのほうがいいんでしょ、というと、親方、このみです、とおだやかに、おっしゃいました

かんぴょう

追加は、どうします、とおっしゃたので、

こはだにがりを 紫蘇つかいますかときかれたので、なしで、お願いしいます。人間、単純なんで、エヘヘ。こはだ、おいちい。

しめて、20000円と少し。ごちそうさまでした。

親方、今度、開店25年になるので、常連さん呼んで、すしじゃなく、うなぎでも焼いてふるまおうかなんて、いろいろ考えてますとのこと。 そりゃ、いいなあ、でも、うなぎ難度高そうだから、むずかしいんじゃないと、生意気に、軽口をたたくと、若い頃、うなぎやにもいたんです、割きまででしたけど、なんておっしゃる。へぇ、そりゃあ、そりゃあ。で、ございました。



0 件のコメント:

コメントを投稿